本文へスキップ

生きた「麹」を腸まで届ける。

電話でのお問い合わせは011-801-1321

メールでのお問い合わせはこちら


ちょっと知って健康な毎日を

最近よく耳にする「麹」でもそもそも麹って何だろう?
麹とは「麹菌」と言うカビの一種です。・・・えぇ!カビ
びっくりされる方も多いと思います。私もその一人でした。
たとえばブームの塩麹ですが、材料となる「米麹」は黄麹菌(ニホンコウジカビ)
言う麹菌を繁殖させたものです。
今度は菌(@_@;)大丈夫??
でもその麹菌が日本の伝統調味料「醤油・味噌・酢」「日本酒・焼酎」と言った
アルコールの発酵・醸造に役立っています。
醤(ひしお)は醤油・味噌の原点とも言える伝統食品の一つです。
付け加えると黄麹菌は、日本の気候にしか繁殖出来ない菌で、「国菌」に定められており
日本は、はるか昔から優れた発酵食品に恵まれている、
世界でも珍しい「発酵大国」なのです。

発酵って何??
黄麹菌が穀類に繁殖して菌糸を伸ばす時に、100種類以上の酵素を作りだします。
その中でも3つの酵素が素晴らしい役割をします。
1.「プロテアーゼ」たんぱく質をアミノ酸に分解する酵素
  アミノ酸は「うまみ成分」の事です。
   昆布などに多く含まれる「グルタミン酸」
   肉や魚に多く含まれる「イノシン酸」などもアミノ酸の一種です。
2.「アミラーゼ」でんぷん質をブドウ糖に分解する酵素
   「あまみ」になります。
3.「リパーゼ」脂肪を分解する酵素
   
麹菌から生まれた酵素の力で分解されたり、変化が生じる事を発酵と言います。

発酵食品って??
 
「うま味」・「甘み」が増し、味に「深み」を出し、食感を「やわらかく」し、
私たちが「おいしい」と思う食品です。
さらには、消化・吸収がしやすいと言うより、酵素の働きで既に
たんぱく質や、でんぷん質を分解しているので、
身体の中に取り入れてから、胃腸が頑張る必要のない食品です。
お通じも良くなります。詳しくは下に書きます。

発酵って何が良いの??
「発酵」
「腐敗」の仕組みは同じです。・・・腐敗と同じ(?_?)
菌、微生物の働きによって、食物などを分解・変化をさせる
それが人間にとって、有益ならば「発酵」、有害ならば「腐敗」
呼んでいるだけなのです。
麹菌・乳酸菌・納豆菌・酵母菌と言った、人間の見方になってくれる発酵菌は、
人間にとっての腐敗菌よりずっと強いのです
発酵菌が繁殖をしている場所に、腐敗菌は入り込めません。
発酵食品が腐敗しにくいのは、発酵菌が活動しているからです。
このことは、腸内環境にも当てはまります。
発酵菌が優勢ならば、腸内の人間にとって良い菌(善玉菌)の活動を
活性化し、悪い菌(悪玉菌)の活動を抑え込みます。
病原菌の侵入を防いで、健康な状態を保ってくれます。
腸内環境が悪化すると「肌荒れ」「皮膚のトラブル」もっとも深刻なのは
「免疫力の低下」です。
人間の持つ免疫力機能は、その70%を腸管免疫力に依存しています。
腸内環境の悪化は、風邪・インフルエンザなどの感染症、花粉症・アトピー性皮膚炎、
さまざまなアレルギー性疾患も、免疫機能の誤作動が原因であることが、
近年の研究で明らかになりつつあります。
精神的な疾患とも、無関係ではありません。
「セロトニン」と言う精神的伝達脳内物質は、心のバランスを整える働きをします。
正常に分泌されなくなると、イライラしたり、不安になったり、さまざまな症状を
引き起こし、進行すると、うつ病になる可能性もあります。
ですから、腸内環境を日々整え、「良い菌=善玉菌」でつねに「善玉菌優勢」を保ち、
健康な生活をおくりましょう。

雑談
伏木と電話での会話です。
「彼女とは仲良くしてますか」なんでこんな事を聞くのかな?
すると、腸内環境が悪化すると、夫婦喧嘩が多くなるとの事。
そういえば、以前に比べてイライラしなくなったなと思いました。
外食が多くなった時や、出張でコンビニ・ファーストフードが
多くなった時などは、「なんか発酵食品を食べないと調子が悪い」
って言ったら
「食べて健康な時には、なかなか良さに気がつかないですよ」
「食べなくて調子が悪いなって、思った時に気がつきますよ」
本当にその通りだと実感しました。
我が家では、毎食発酵食品を食べています。
医学的に健康になってるかは、自分達ではわかりません。
でも、実感はわかります。
食べてみて、食べ続けてみて初めてわかる事だと思います。
                                  鈴木 雅朗

ショップ情報

株式会社アイ・エス・ピー

〒004-0031
札幌市厚別区もみじ台東4-2-8
TEL.011-801-1321
FAX.011-801-1322
isp-sapporo@wine.ocn.ne.jp
→ショップ案内